2018年05月16日

◆美白や保湿効果だけでなく

美白や保湿効果だけでなく。発毛を促進する効果がノコギリヤシにあるわけは、5αリダクターゼという脱毛原因物質が作用しないようにすることにより髪の毛が抜けるのを止められるためです。5αリダクターゼと、別の物資であるジヒドロテストステロンとの結合によって、皮膚から脂分が過剰に出ます。出すぎた皮脂が毛穴に詰まり込んでしまうと髪の毛が抜けることになったり、髪の毛に成長が見られなくなります。

なお、ノコギリヤシは、未加工の状態で摂取するのではなくて、抽出加工で得られたエキスの形で利用します。



薄毛が目立ってきたり、抜け毛が増えてしまったりすると、これからどうなるかをつい予想してしまったりして、とても不安です。

育毛を真剣に考え始め、情報をあれこれ集めるようになる人は多いです。育毛方法は色々ありますが、刺激の少ないシャンプーを選んだり、育毛シャンプーや育毛剤を使うのも良いでしょう。

また、ブラシでぽんぽん、と頭皮を叩くことを習慣にする人もいるようですが、これに関しては一点、覚えておいてほしいことがあります。

強く叩いてはいけない、ということが、大変重要になります。

強くすると肝心の頭皮が傷ついてしまうかもしれないからです。力づくで頭皮を攻撃するのではなく、やさしく適度な刺激を与えるようにして、傷つけ、炎症を起こしたりしないような、頭皮のケアをしてあげてください。

あまり意識せずさっさと済ませているけれど、髪は毎日ちゃんととかしている、という人は多いです。

ただ、あまり髪はとかさない、という人も意外に多いのが現実です。

特にブラッシングについては、あまり気にしていない人も少なくありません。

ですがもし、抜け毛が増えてきた、などの不安を覚えるようになってきた場合は、真剣にブラッシングをしてみることを、考えてみてください。正しい方法で行えば、頭皮はそのマッサージ効果によって、血の巡りを良くしますし、ブラッシング後もすっきりと、気持ちのいいものです。髪のツヤも出せますし、頭皮の血行改善で、毛髪にもきっとよい影響があるでしょう。しかしながら、良かれと行ったブラッシングで、頭皮に傷がついてしまっては大変ですから、ちゃんと育毛用と銘打ってあるヘアブラシを使う方がよいでしょう。

プラセンタには、美白や保湿効果だけでなく、疲労回復、血行改善、代謝の促進、免疫力の向上など、数多くの健康によい効能を持ち、アンチエイジングの効果でもよく知られています。ところが実は、優れた育毛効果も持っていることがわかってきて、大変期待されています。

プラセンタを頭皮に注入して毛母細胞を活性化させる方法以外に、筋肉に打ったり、皮下や静脈内に注入したりもします。注射を打つ部位により、薬液が吸収されるスピードが違ってきますが、どれにしても、プラセンタの優れた作用により、頭皮や毛根が活力を取り戻すことを期待するものです。

しかしどうやら、頭皮へ直接プラセンタを注入する方法なら、より一層の即効性があるそうです。プラセンタはヒト臓器(※胎盤)由来ということで、この成分を身体に入れたことのある人は、献血できないことになってますので、覚えておくといいでしょう。

育毛剤BUBKAに関する評価は、試してみたら頭皮が柔軟になったのを感じられた、周囲の方たちから指摘されるほど髪の状態が向上したなど、良い評判です。髪が増えてきた、抜け毛が少なくなったといった喜びの声も少なくはないのですが、効果が出始めるまでには、早くて一ヶ月以上、普通は、三ヶ月ほどの時間がかかっているようです。


同じカテゴリー(日記)の記事
 今はココナッツオイルを使ってます (2018-04-20 18:42)
 ニキビのところにだけ薬を塗ります (2018-03-24 17:00)
 冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう (2018-02-27 01:53)
 150文字から200文字程度で書くようにしましょう (2018-01-28 21:49)
 数多くの脱毛剤が販売されていて (2018-01-02 17:45)
 車を運転しない人の場合は (2017-12-23 19:09)

Posted by もえかりん at 22:57 │日記